--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.12/14(Thu)

明日は面接・・・

明日はいよいよ、幼稚園の面接だ・・・。

ミウは遊びに行くと思っている見たい

だから、早く眠ってくれた。

面接といっても、制服のサイズ測りや用具の注文などをするだけなんだけど。

その後にある、もちつき大会がメインか??

ミウはきっと、大喜びで参加するだろうなぁ・・・。(参加できるかは不明)



明日のお昼からは私の姉のところにお泊りに行く!!

ミウも楽しみにしていた。


『ネエネのとこ行くぅ~だから、明日だって・・・。


明日の夕食はしゃぶしゃぶをごちそうしてくれるらしい

パパはお留守番なのごめんね

でも、パパが居ない高速は初めてだからドキドキするなぁ・・


今日のメニュー

20061214214905


・豚の生姜焼き、白身魚のフライ、味噌汁、ご飯、おろし節(大根おろしにかつお節をかけたもの)
生姜焼きのお肉は下味を付けて冷凍保存していたもの・・(子供が小さいので便利)に、もやし、キャベツ、玉ねぎ、エリンギを食べやすい大きさに切ったものと一緒に炒める。味が足りないときは塩コショウを加える。
白身魚のフライも冷凍庫に眠っていました!!今週は冷蔵庫のお掃除週間です

『う~ん。おいしい20061214215008.jpg
ミウも頑張ってお箸をつかってます!!


 今日も完食してくれました。ありがとう

『わ・た・ち・に・も・食・わ・せ・ろ~!!!!!』20061214214932.jpg

スポンサーサイト
21:48  |  子育て日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2006.12/14(Thu)

親になるという事

母親になるってのは、すっごい事だと思う。
と、出張先のホテルで「14才の母」を見ていて突然思った…

妊娠から出産までの恐怖や不安…とても自分では想像出来ない。
同時に、新たな命が誕生した瞬間の感動は言葉では言い表せないものだろう。

☆☆☆

海羽之介は、猛烈な台風の夜~朝にかけての普通分娩。
昼2時過ぎに破水後、夜9時前後から陣痛が始まった。
ママには、お母さんが付き添い、僕は陣痛感覚が短くなるまでママの実家で待機(ゲーム)していた。
夜中の2時過ぎに携帯が鳴り、前が見えない程の猛烈な雨の中、なんとか車を走らせ病院に向かった。
分娩室に入り、陣痛の痛みに苦しむママの背中を、
「そこじゃない!!ちゃんと力入れて!!」
とママに怒鳴られながらも…ずっとさすった。
明け方4時半。いよいよ産まれる段階になり、僕は助産師に外で待つように言われ、陣痛で苦しむママ
を残し、分娩室から退室し、お母さんが待機していた陣痛室へ戻った。
昨夜から明け方までの出産-普通なら寝ている時間。

・・・・・・・・・・

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」

何か言ってるよ??看護師の大きな声で意識を取り戻し、急いで分娩室に入り、元気な泣き声を上げる海羽之介と感動のご対面!!

ん?待って!

もう一度戻って・・・

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」

ワンモアプリーズ!

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」

リピートアフターミー!

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」


ごめんなさーい陣痛室のベットでぐっすり寝てました・・・


でも、産まれたばかりの海羽之介にはちゃんと対面出来たからいいよね。。
台風が通り過ぎ、太陽の光が雨露をキラキラ照らす喫煙所で、一人涙がこぼれた。

テーマ : パパ育児日記。 - ジャンル : 育児

00:00  |  ひとし  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。