07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.12/14(Thu)

親になるという事

母親になるってのは、すっごい事だと思う。
と、出張先のホテルで「14才の母」を見ていて突然思った…

妊娠から出産までの恐怖や不安…とても自分では想像出来ない。
同時に、新たな命が誕生した瞬間の感動は言葉では言い表せないものだろう。

☆☆☆

海羽之介は、猛烈な台風の夜~朝にかけての普通分娩。
昼2時過ぎに破水後、夜9時前後から陣痛が始まった。
ママには、お母さんが付き添い、僕は陣痛感覚が短くなるまでママの実家で待機(ゲーム)していた。
夜中の2時過ぎに携帯が鳴り、前が見えない程の猛烈な雨の中、なんとか車を走らせ病院に向かった。
分娩室に入り、陣痛の痛みに苦しむママの背中を、
「そこじゃない!!ちゃんと力入れて!!」
とママに怒鳴られながらも…ずっとさすった。
明け方4時半。いよいよ産まれる段階になり、僕は助産師に外で待つように言われ、陣痛で苦しむママ
を残し、分娩室から退室し、お母さんが待機していた陣痛室へ戻った。
昨夜から明け方までの出産-普通なら寝ている時間。

・・・・・・・・・・

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」

何か言ってるよ??看護師の大きな声で意識を取り戻し、急いで分娩室に入り、元気な泣き声を上げる海羽之介と感動のご対面!!

ん?待って!

もう一度戻って・・・

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」

ワンモアプリーズ!

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」

リピートアフターミー!

「う・したよ!うまれ・・よ!・・・産まれましたよ!!」


ごめんなさーい陣痛室のベットでぐっすり寝てました・・・


でも、産まれたばかりの海羽之介にはちゃんと対面出来たからいいよね。。
台風が通り過ぎ、太陽の光が雨露をキラキラ照らす喫煙所で、一人涙がこぼれた。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。 - ジャンル : 育児

00:00  |  ひとし  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

●こんばんは☆

コメントありがとうございました(=´∇`=)
感動して涙こぼすなんて、素敵ですよ!
うちの旦那なんて、破水したって言っても信じてくれなくて、のん気にジャムパン食ってましたw
我が家も14才の母見てますよ~。命の大切さをあらためて考えさせられるドラマですね。
かってぃゅん | 2006.12.14(木) 00:45 | URL | コメント編集

そういえば台風が近づくと気圧の関係で赤ちゃんが
産まれやすいそうですよ(^_^)
たまネコの出産は4日ほどかけてだったので一緒に
起きてた旦那はふらふらでしたね(;^_^A
今となってはいい思い出ですが(笑)
それでゎ、応援ぽち♪
たまネコ | 2006.12.14(木) 01:14 | URL | コメント編集

かtってぃゅんさん、たまネコさんコメントありがとうございます。
私の出産の時に寝てたのはパパだけじゃないんですよ。私の母までもが爆睡してたんです。
助産師さんが一言・・・
『家で寝とけばよかったのにね!』
って、まったく、そのとおりだ!!!
でも、近くに居てくれるだけで、安心しました。
めぎゅ | 2006.12.14(木) 10:19 | URL | コメント編集

●ぱぱさんの記事だ

うちも旦那さんが立会いしてくれました。夜中に病院いって夕方4時生まれ。旦那さん病院に行く前の2時間しかねてない。でもいてくれると安心するし、生まれたばかりの赤ちゃん見てもらえるのうれしかったです。うちは台風ではなかったけど大雨でした。雷とともに生まれた(?)
ひいらぎママ | 2006.12.14(木) 12:31 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hoshizorafamily.blog79.fc2.com/tb.php/25-017c8580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。